構造化されたパッチ管理によりリスクを削減され、ビジネスアライメントを維持

セキュリティパッチの目的は、リスクを削減することですが、IT インフラストラクチャを変更することによってIT業務のリスクが増加する可能性はあります。ドメイン固有のアクティビティを排除し、全てのエンタープライズシステムに標準プロセスを適用することによりどのようにパッチ管理がリスク軽減に効果的なのかGartner社がご紹介します。こちらのレポートからは以下の要点をご紹介します。

  • ビジネスアラインメントの4つの課題
  • パッチ管理を成功させる6つの推奨事項
  • パッチ管理の指標、優先順位、成功指標の例を紹介

報告書を読む

即時のアクセスのためのフォームに記入します。